クリティアの電気代・その他メリットデメリットなど徹底解説!

クリティアは、有名ウォーターサーバー会社の1つです。クリティアは、あの有名プロデューサー”おちまさと”氏のプロデュースの下、約730万通りのバリエーションの中から自分のオリジナルデザインのウォーターサーバーも提供しています。では、クリティアの電気代はいくらなのでしょうか?また、クティアのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

 

クリティアの電気代は高い?安い?

クリティアの電気代は、630円/月です。この価格は、14社の電気代の比較では、真ん中くらいの価格になっています。14社の電気代比較では、最大が1000円/月、最小が350円/月です。なので、クリティアの電気代は高いとも、安いとも言えない価格なのです。

 

1カ月のトータル料金はいくら?

クリティアの1か月のトータル料金は、3780円です。この価格も14社のトータル料金の比較では、真ん中くらいの価格になっています。14社のトータル料金比較では、最大が5153円/月、最小が3050円/月です。なので、クリティアはトータル料金も高いとも安いとも言えない、平均的な価格になっています。

 

 

クリティアのメリット・デメリットの徹底比較!

クリティアの電気代やトータル料金以外にも、クリティアのメリット・デメリットを知っておきましょう。そうすることで、ウォーターサーバー選びに失敗しなくて済みます。

 

メリット
約730万通りのバリエーションから自分オリジナルのデザインが可能!

 

クリティアの最大のメリットは、デザイン性が高いということです。中でも、”おちまさと”氏がプロデュースしている、オリジナルデザインは約730万通りのバリエーションから自分好みのウォーターサーバーのデザインを作ることができます。お部屋のオシャレにこだわる方に適したウォーターサーバー会社と言えるでしょう。
※公式ページでは、無料でオリジナルデザインのシミュレーションができます。

 

商品のラインナップが豊富!

クリティアは、商品のラインナップが豊富です。全部で、6タイプあります。なので、床おき型、卓上型とお部屋にあったウォーターサーバーが選べます。また、サーバーの形状も違うので、お部屋にあったデザインを選ぶことも可能です。

 

 

非加熱処理だから天然ミネラルが豊富!

クリティアでは、非加熱処理の天然水を提供しています。そのため、お水の中には、天然ミネラルが豊富に含まれています。もちろん、非加熱処理でも安心してご利用して頂けるように、品質管理は徹底して行われています。そのため、モンドセレクションやiTQiといった国際的な審査機構において受賞実績があります。

 

デメリット

クリティアのデメリットは、12Lボトル1本の価格が1890円とお高いことです。この価格は他のウォーターサーバーと比べてかなり高い価格です。なので、家族が多い方やお水の使用量が多い方は、追加ボトルの際に費用が掛かります。なのでクリティアは、高級なお水が飲みたい方、お水の使用量が少ない方に適しています。