アルピナウォーターの電気代・その他メリットデメリットなど徹底解説!

アルピナウォーターは有名なウォーターサーバーの会社です。アルピナウォーターは、北アルプスの天然水を低価格で提供しています。では、アルピナウォーターの電気代はいくらなのでしょうか?また、メリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

 

 

アルピナウォーターの電気代は、高い?安い?

アルピナウォーターの電気代は、1000円/月です。この価格は、14社の電気代の比較でも、最大の価格になります。なので、14社の中では最も電気代が高いウォーターサーバーと言えるでしょう。

 

1カ月のトータル料金はいくら?

アルピナウォーターの1カ月のトータル料金は、3688円です。この価格は、14社の中では、真ん中くらいの価格です。14社のトータル料金は、最大が5153円/月、最小が3050円/月です。なので、電気代が高い割には、トータル料金が安いと言えます。

 

 

アルピナウォーターのメリット・デメリットを徹底解説!

アルピナウォーターの電気代に加え、メリット・デメリットも参考にしましょう。そうすることで、ウォーターサーバー選びに失敗することがなくなります。

 

メリット
ボトル料金が圧倒的なローコストを実現!

アルピナウォーターのボトルは、他社と比べ圧倒的なローコストを実現しています。12Lボトル1本の価格が、948円(税抜き)です。なので、追加ボトルの料金が安く、家族向けのウォーターサーバーであると言えるでしょう。

 

超軟水のアルピナウォーターが飲みやすい!

 

アルピナウォーターは、北アルプスの天然水です。この天然水をアメリカ航空宇宙局NASAで開発された最新技術で、ろ過しています。その結果、硬度数が1.05と超軟水になっています。この1.05の超軟水は非常に飲みやすいのが特徴で、赤ちゃんのミルクにも安心してご利用できます。

 

A4サイズ2枚分のスペースで置けるウォーターサーバー!

アルピナウォーターは、A4サイズ2枚分のスペースがあれば置けるくらいの大きさです。なので、お部屋のスペースを狭くしたくない方は、アルピナウォーターのサーバーを置くと、お部屋のスペースをそれほど取らなくて済みます。

 

 

デメリット

アルピナウォーターサーのデメリットは、サーバーのタイプとデザインが1つしかないということです。アルピナウォーターのサーバーは、床おき型で白色のみとなります。なので、デザインにこだわる方には、アルピナウォーターは向いていないでしょう。アルピナウォーターが向いているのは、家族が多い方、低価格をお求めの方となります。