長期間不在する際のウォーターサーバー電気代

ウォーターサーバーのレンタルを検討しているが、長期不在の予定があって、どうしよう?という方もいるのではないでしょうか?ここでは、長期不在のときにウォーターサーバー

はどのようにすればいいのかをお話しします。

 

 

長期不在の際には、ウォーターサーバーはどのようにすればいいの?

長期不在のときには、ウォーターサーバーをどうすればいいのか?ということですが。長期不在の期間によって、ウォーターサーバーをどのようにすればいいのかが変わります。

 

2週間以内の長期不在の場合

2週間以内の長期不在のときのウォーターサーバーの取り扱いについてお話しします。

2週間以内の長期不在では、ウォーターサーバ=によって取扱い方が違う!

2週間以内の長期不在では、ウォーターサーバーの取扱いは、各会社によって違います。しかし、基本的には、2週間以内であれば、ウォーターサーバーの電源を切らないようにという案内をしています。電源を切らないことで、2週間お水の衛生状態を保っていれば、帰宅後にもお水が使えると案内しています。この場合は、2週間分の電気代はかかるでしょう。

 

2週間以上〜の長期不在の場合

2週間以上の長期不在のときのウォーターサーバーの取扱いについてお話しします。2週間以上長期滞在の場合は、基本に電源を切っておくので、電気代は掛かりません。

ウォーターサーバー内のお水を抜いて、電源を切っておく!

2週間以上の長期不在では、各ウォーターサーバー会社によって案内が違います。しかし基本的には、サーバー内のお水を全て抜き、ウォーターサーバーの電源を切っておくという案内をしています。

ボトルの宅配について、電話を掛ける!

2週間以上の長期不在をする際は、ウォーターサーバーのお水を抜いて、電源を切っておく以外に、ボトルの宅配についても考える必要があります。レンタル契約で、ボトルが毎月送られてくるのであれば、ボトルの宅配を止めておかないと、ボトルが溜まってしまいます。なので、2週間以上の長期不在をする際は、サーバー会社に電話をし、ボトル宅配の調整を依頼しておくといいでしょう。

 

3カ月以上〜の長期不在の場合

3カ月以上の長期不在のときのウォーターサーバーの取り扱いについてお話しします。

基本は、2週間以上の長期不在の場合と同じ!

3カ月以上の長期不在の場合には、基本的には、2週間以上の長期不在の場合と同じです。ウォーターサーバー内のお水を抜いて、サーバーの電源を切っておきましょう。(各ウォーターサーバー会社の案内は違うので、各社の案内を参考にして下さい。)

レンタルを解約するのも1つの手!

3カ月以上の長期不在する際には、ウォーターサーバー社とのレンタル契約を解約するというのも1つの手です。なぜなら、長期不在している間でも、レンタル料を支払う必要があるからです。レンタル料については、各ウォーターサーバー社で異なります。なので、レンタル料が無料の場合は、そのまま自宅に置いておいてもいいかもしれません。しかし、レンタル料を支払う必要があるのであれば、レンタルの解約も検討しましょう。