ウォーターサーバーの電気代は何で決まるの?

ウォーターサーバーの電気代を節約したいと思う方の中には、ウォーターサーバーの電気代がどのようにして決まるのか?気になるなる方もいるのではないでしょうか?ウォーターサーバー会社の各社で電気代は変わってくるのですが、一般的に電気代が何によって決まるのかをお話ししましょう。

 

 

ウォーターサーバーの電気代は何で決まるのか?

ウォーターサーバーの電気代は何で決まるのでしょうか?ウォーターサーバー会社のガイドラインを読むと電気代は、使用頻度で決まると書かれていることが多いです。この使用頻度について、少し詳しくお話ししましょう。

 

消費電力

ウォーターサーバーの使用頻度で電気代が決まるということですが。同じ使用頻度であったとしても、各ウォーターサーバーの消費電力によって違います。ウォーターサーバーの消費電力については、冷水で70W〜105Wとなっています。また、温水のウォーターサーバーの消費電力は、350W〜465Wとなっています。

 

この消費電力の数値は、各ウォーターサーバー会社で異なります。例えば、アクアクララの冷水の消費電力は105W、温水の消費電力は465Wとなっています。他にフレシャスというウォーターサーバー会社では、冷水の消費電力は80W、温水の消費電力は350Wとなっています。

消費電力の数値が高くなると、電気代が高くなる傾向!

ウォーターサーバーでは、消費電力の数値が高くなるほど、必要になる電気の量が多く、同じ消費量でも、電気代が高くなる傾向があります。なので、ウォーターサーバーの電気代を節約したい方は、消費電力の数値が低いウォーターサーバーを選ぶようにすると良いでしょう。

 

温水の消費電力が高い!

ウォーターサーバーの消費電力は、温水の消費電力が高くなります。なぜなら、ウォーターサーバーのお水を温水に保っておくために、熱を加え続ける必要があるからです。温水に保つために、電気量が冷水より必要になります。

ウォーターサーバーには、省エネモード機能があるものもある!

ウォーターサーバーでは、温水の消費電力が高くなってしまうので、ウォーターサーバー会社によっては、省エネモードが搭載されているものもあります。省エネモードでは、温水の温度を保つためにの熱を加え続けるのを調節します。それによって、温水の消費電力を下げる仕組みになっています。

 

クリーン機能にも電気代がかかる!

ウォーターサーバーの消費電力が必要なのは、冷水と温水だけではありません。ウォーターサーバーの会社によっては、サーバー内のお水の衛生を保つためのクリ―ン機能が付いているものがあります。そのクリーン機能の起動時間は消費電力が必要となり、電気代がかかります。クリーン機能のシステムは、各ウォーターサーバーによって違いますので、詳細は公式ページでご確認ください。