電気代が安いor高いウォーターサーバーの特徴とは?

ウォーターサーバーの電気代を節約したい方もいるでしょう。ウォーターサーバーの電気代を節約しようと、ウォーターサーバーの電源を切ったりしてはいけません。その理由は、後述します。そこで、ウォーターサーバーの電気代を節約するには、予め電気代が安いウォーターサーバーを選ぶ必要があります。電気代が安いウォーターサーバーの特徴、電気代が高いウォーターサーバーの特徴を説明します。

 

 

電気代が高いor安いは、ここをチェック!

電気代が高いor安いは、どこを見ればわかるのでしょうか?電気代が高いor安いウォーターサーバーを見分けるには、2つのポイントがあります。

 

温水が対応しているウォーターサーバーは、電気代が高い傾向!

温水モードが搭載されているウォーターサーバーは、電気代が高い傾向にあります。なぜなら、お水を高温に保つためには、保温システムを起動し続けなければいけないからです。なので、温水モードが搭載されているウォーターサーバーは、電気代が高くなってしまいます。

温水モード付きのウォーターサーバーの電気代を節約する方法

温水モード付きのウォーサーバーを電気代を節約する方法は、温度設定を変えることです。温水を利用しないときには、ウォーターサーバーの温度設定を少し低めにするだけでも、電気代を節約することができます。

 

クリーンシステムが搭載されているウォーターサーバーは、電気代が高い傾向!

クリーンシステムが搭載されているウォーターサーバーは、電気代が高い傾向にあります。クリーンシステムとは、サーバー内のお水に埃や塵が入らないように、衛生的に保つ機能です。このクリーンシステムは、各ウォーターサーバー会社で異なります。

 

クリーンシステムの電気代を節約したいと考える人も多いと思いますが、クリーンシステムの電気代は節約することができません。なので、クリーンシステムがどれくらいの時間の長さで、起動するのかを確認する必要があります。クリーンシステムの時間の長さが短いものは、電気代が安傾向にあります。

クリーンシステムの電気代に節約の注意点!

ウォーターサーバーのクリーンシステムの電気代を節約しようと、ウォーターサーバーの電源を切ったり、コンセントを抜いたりしてはいけません。クリーンシステムは、ウォーターサーバー内のお水を衛生的に保つためのシステムです。なので、このクリーンシステムを止めてしまうと、ウォーターサーバー内のお水に埃や塵が入り、衛生的に悪くなってしまいます。なので、ウォーターサーバーの電気代節約のためにできることは、温水モードの温度を調節することくらいしかありません。