ウォーターサーバーの電気代を節約する方法

ウォーターサーバーの電気代を節約するにはどのようにすればいいのでしょうか?ウォーターサーバーの電気代の節約では、気を付けたいポイントがあります。それらを踏まえた上で、簡単にできるウォーターサーバーの電気代を節約する方法をご紹介します。

 

 

簡単にできる!ウォーターサーバーの電気代の節約方法

実は、ウォーターサーバーの電気代で節約する方法は限られています。その限られたウォーターサーバーの電気代を節約する方法を紹介します。

 

省エネモードが可能なウォーターサーバーを選ぶ!

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法の1つが、サーバーに省エネ機能が搭載されているウォーターサーバーを選ぶことです。当サイトが比較している14社のウォーターサーバーの会社でも、いくつかのサーバーには省エネ機能が搭載されています。例えば、”うるのん”というウォーターサーバーには省エネ機能が搭載されています。

 

温度設定ができるウォーターサーバーを選ぶ!

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法の2つ目が、温度設定ができるウォーターサーバーを選ぶということです。ウォーターサーバーで電気代が高くなってしまう大きな原因は、温水モードです。

 

温水モードが搭載されているウォーターサーバーでは、常にお水の温度を高温に保つようになっています。なので、温水を保温するために電気代が掛かってしまうのです。なので、温度設定ができるウォーターサーバーであれば、温水を使用しないときには、温水の設定温度を少し下げるようにする。それだけでも、電気代を節約することができます。

 

 

その他の家電で、電気代を節約する!

ウォーターサーバーの電気代の節約以外にも、家電を節約しましょう。ウォーターサーバーの電気代を節約する方法は、限られています。なので、ウォーターサーバー以外の家電で電気代を節約するようにしましょう。では、ウォーターサーバー以外の家電を節約する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

テレビの明るさと音量を下げる!

テレビの明るさと音量を下げることでも、電気代を節約することができます。一人でテレビを見る時などは、イヤホンを付けるとより電気代を節約することができます。

 

 

パソコンの電源を切る!

パソコンの電源を切ることでも、電気代を節約することができます。ついついパソコンの電源を点けっぱなしにしがちです。しかし、パソコンは1時間で3円ほど電気代が掛かります。なので、点けっぱなしにしていると、1カ月では何百円もの電気代が掛かってしまうのです。

 

 

ウォーターサーバーの電気代節約でやってはいけないこと!

ウォーターサーバーの電気代節約ではやってはいけない節約方法があります。それは、ウォーターサーバーを使わないときに、電源を切ったり、コンセントを抜いたりすることです。この方法はなぜやってはいけないのでしょうか?

 

ウォーターサーバーには衛生を保つ機能が付いているものが多いです。なので、電源を切ったり、コンセントを抜いたりすると、衛生管理機能が停止、サーバー内のお水の衛生が悪くなります。私たち人間の目には見えませんが、ウォーターサーバー内のお水に埃や塵が入ってしまうのです。