ウォーターサーバーのECOモードとは?

ウォーターサーバーの電気代を節約したいという方の中には、ECOモードという言葉を聞いて、どんなモードなんだ?と気になっている方もいるでしょう。そこで、ウォーターサーバーのECOモードとはどんなものなのか?をお話しします。

 

 

ECOモードとは?

ウォーターサーバーのECOモードとはどのようなものなのでしょうか?ウォーターサーバーのECOモードは、電気代を節約できるモードのことです。ECOモードと似た言葉で、省エネという言葉があります。ウォーターサーバーでは、電気代を節約するための機能を、各社がECOモードや省エネモードとして名前を付けています。なので、ECOモードも省エネモードも、節電するための機能のことを指します。

ECOモードの機能は各社それぞれ!

ECOモードや省エネモードの機能の内容は、ウォーターサーバー各社で異なります。ウォーターサーバーでは、温水モードが付いているウォーターサーバーの電気代が高くなる傾向にあります。それは、ウォーターサーバー内のお水を温水に保っておくための保温機能に、電気を必要とするからです。なので、多くのウォーターサーバー会社では、温水モードに対する節電の工夫をしている場合があります。

 

 

ECOモードとして販売している会社の例

ECOモードとして販売しているウォーターサーバーの例を挙げたいと思います。それは、フレシャスというウォーターサーバーの会社です。この会社では、環境に優しいエコモードとして、ECOモード機能付きのウォーターサーバーを販売しています。フレシャスのエコモードのウォーターサーバーは、約30%カットを実現しているそうです。

 

 

フレシャスのエコモードはどのような機能内容?

ECOモードの機能は、ウォーターサーバー各社で異なると言いました。では、フレシャスのECOモードは、どのような仕組みによって、電気代を節約しているのでしょうか?フレシャスの場合は、業界初の光センサーを搭載したウォーターサーバーで電気代の節約を実現しています。光センサーがお部屋の光に合わせて自動で節電してくれます。なので、自分でエコモードを設定する必要がないのが、便利です。

 

 

その他の節電機能が搭載されたウォーターサーバー

ECOモードや省エネモードといった電気代節約の機能が搭載されたウォーターサーバーは、フレシャス以外にもあります。「ウォーターサーバーの省エネサーバーとは?」で、紹介しましたが、クリクラやアクアクララといったウォーターサーバー会社が電気代の節約機能が付いています。ウォーターサーバーの会社によって、それぞれECOモードや省エネモードの内容が少し違うので、電気代の節約できるウォーターサーバーをお探しの方は、一度クリクラやアクアクララといったウォーターサーバー会社も参考にするといいでしょう。