フレールウォーターサーバーの電気代・その他メリットデメリットなど徹底解説!

フレールウォーターサーバーは有名ウォーターサーバーの1つです。フレールウォーターサーバーは、大阪・千里丘陵の山と安威川水系のミネラルをたっぷりと含む天然水を提供しています。では、フレールウォーターサーバーの電気代はいくらなのでしょうか?また、フレールウォーターサーバーのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

 

フレールウォーターサーバーの電気代は高い?安い?

フレールウォーターサーバーの電気代は、1000円/月です。この価格は、14社の電気代の比較では、最高価格となっています。14社の電気代比較では、最小が350円、平均が約800円です。なので、フレールウォーターサーバーの電気代価格は、高めになっています。

 

1か月のトータル料金はいくら?

フレールウォーターサーバーの1か月のトータル料金は、3741円/月となっています。この価格は、14社のトータル料金の平均より少し安い価格となっています。14社のトータル料金比較では、最大が5153円/月、最小が3050円/月です。なので、フレールウォーターサーバーは、最高値と最安値の平均価格より安い価格と言えるでしょう。

 

 

フレールウォーターサーバーのメリット・デメリットの徹底解説!

フレールウォーターサーバーの電気代とトータル料金に加えて、フレールウォーターサーバーのメリット・デメリットを知っておきましょう。そうすることで、ウォーターサーバー選びの失敗をなくすことができます。

 

メリット
硬度約3のまろやかな天然水!

フレールウォーターサーバーでは、大阪・千里丘陵の山と安威川水系のミネラルをたっぷりと含む天然水を提供しています。この天然水の硬度は、約3です。そのため、まろやかな口当たりと、すっきりキレのいい味わいを楽しむことができます。

 

エコバックは、ゴミを85%OFF!

フレールウォーターサーバーでは、6.2Lのエコバックを採用しています。そのため、小さく軽いので、女性や高齢者の方でも簡単に、お水の交換ができます。また、エコバッグの使用後のゴミは、85%OFFになるので、空ボトルが邪魔になることはありません。

 

フレールウォーターサーバーはインテリア重視!

フレールウォーターサーバーは、お部屋のインテリアのイメージを壊さないようにデザイン設計されています。そのため、オフィス、リビング、サロンと、どのお部屋やシチュエーションにもピッタリです。

 

 

 

 

デメリット

フレールウォーターサーバーのデメリットは、床おき型のウォーターサーバーしかないということです。なので、卓上型のウォーターサーバーをお求めの方には適さないでしょう。反対に、床おき型で、デザインを重視している方には、フレールウォーターサーバーが良いでしょう。